コンテンツへスキップ

私たちのやっているPRの仕事はとても流動的です。メディア対応で急な外出が発生したり、緊急の電話が入って関係者に会いに行ったり。アイデアが大事な仕事であれば閃いた時にこそ、一人でこもって集中して作業したいことも。

外出から続いて別の場所に行く前に一旦オフィスに寄るのは効率が悪いので外でそのまま仕事をして移動することも何度もあります。何より、メディアの皆様と情報共有のために会う時間を作りつつ、お客様である企業のトップや広報の皆様とミーティングして議論する時間も同時に確保する必要がなります。

となると・・・効率よく仕事をしなければ本当に時間が足りなくなってきます。がしかし、時間は有限。そして全員にとって平等に同じ時間しかないのです。これで無理にオフィスに来るとなると本当にそれ自体がストレスになってしまうことも・・・。

チームワークとリモートワークの両立を目指すには・・・

写真:rawpixelによるPixabayからの画像

そこで、私たちは昨年から必要時にリモートワークを推奨することを実施してきましたが、今年に入って随分と全員に浸透してまいりました。(まだまだもっと追求していきたいですが・・・)

さて、表題に関する回答ですが「YES」です。

リモートワークに大事なことは、各人の自律と自主性、互いの信頼です。また、チームで行うリモートワークにおいては、コミュニケーションの取り方も重要となってきます。私たちの場合、slackというチャットツールをフル活用しています。もはや、slack無くして仕事をするのが難しいくらい使いこなすようになりました。ルールも徹底して、チームでリモートワークをするためのスタイルもだいぶ出来上がってきました。

チームでリモートワークをするための私たちのslackのルール

  1. 出退勤時はjobcanでお知らせする。(ジョブカンという出退勤ツールと連動しています)
  2. 個別のメッセージを避け、オープンなやり取りを徹底する。
  3. すぐに反応できないときはいつまでその状態が続くのか予め知らせておく。例えば、お昼休みも「これからランチタイムで1時間ほど抜けます。」など知らせる。

ルールもですが、実はもっと大事なのは根底にあるモラルやフィロソフィーです。私たちは、Open Minded を根底に敷いています。相手に心を開き、柔軟に対応できる姿勢で常に仕事に臨むこと。そして仲間が困らないように先手で仕事をする姿勢を持つこと。このことで相手を慮り早く返事をすることにも繋がるし、一瞬話しづらいことでも、敢えてオープンにやり取りすることで状況の把握を全員が一斉にすることが可能になります。その方がお互いの助け舟も出しやすい。

まだまだ私たちのチャレンジは続きますが、チームワークが必要な私たちのような仕事においても、自律した組織づくりを目指して効率よく楽しく生き生きと働ける環境づくりを推進していきたいと思います。

最後になりましたが、別にリモートだけで完結することを目指してい訳ではありません。電話会議、ビデオ会議、slackでのチャットを駆使しながら、全員でオフィスに集まって会話する機会も確保することも非常に大事にしています。コミュニケーションの基本はやはりダイレクトに会って話すことですから。私と社員で実施する1 on 1ミーティングも物理的に頻繁に会えないアメリカのスタッフとのミーティング以外は全て対面です。

環境は自分たちで創る!

引き続き、私たちならではの「働き方のスタイル」を確立すべく、チャレンジしていこうと思います。

3月にお誕生日を迎えたPR事業部の小金丸部長と村田君。社員がサプライズ企画で実施!
会社に集まることももちろん意義があります。

当社、ネットワークコミュニケーションズでは、外資系企業のお客様も多いので、海外から招致したトップインタビューを設定する際に気をつけていることがいくつかあります。その中で毎回お客様と議論になる話題の一つに「通訳を入れるかどうか」があります。

メディア側も会社側もどちらも英語がネイティブ並みに話せる場合、通訳が必要ない(ない方がうまく伝わる)ケースもごく稀にあります。しかし、これは本当に稀なケースです。多少なりともコミュニケーションに不安があり、通訳が必要なのではないか、が議論になった際には当社では必ず通訳を入れることをオススメしています。

理由は、以下の通りです。

  1. 意思疎通が明確になり、簡潔且つスピーディーにトップの意図を伝えることができるため。
  2. 仮に社内の日英両方話せるスタッフがいたとしても素人が通訳に徹することは難しいため。(その人の意思が入ってしまう。通訳は特殊スキル。)
  3. インタビューを受けるトップは、気にせず母国語で自然体で話せるため人柄や事業にかける情熱が伝わりやすく、記者にとっても、ストレスなくインタビューに専念しやすいため。

以前、通訳代が勿体無いからという理由で、ある外資系企業様のトップインタビューを社内で日英両方話せるスタッフの方が通訳として入りインタビューを行ったことがあります。当社としては、最後までプロを入れましょうと説得しましたが予算が取れないし、社内に話せるスタッフがいるから大丈夫だという理由で通訳を立てない方向で譲ってしまいました。(この時は少し後悔・・・)

結果、インタビューそのもののクオリティは目指していたベストな状態に達しないものとなりました。大きな理由は2つあり、1つ目は上に挙げた2番目に起因しています。つまり、通訳係の方の意図が入り、トップの意図が正確に伝えられなかったのです。ですから後日、フォローのインタビューを再度日本にいるメンバーだけで設定し、記者からの質問を丁寧に受け付けることで露出としては最高なものになりましたが、インタビューから実際記事になるまでに1ヶ月近くがかかってしまいました。当初の予定より随分タイミングを逸したことになります。

2つ目は、当日のインタビュー時に、通訳を務めたスタッフの方が少しまごついた様子を見せた際に、それを察知したトップが「うまく通訳されていないのではないか?」とそわそわし始めて途中でノリノリで話をしなくなってしまったことでした。これではせっかく素晴らしい人柄や情熱をお持ちの代表の方の魅力が半減してしまいます。実際にその日は、代表の魅力を最大限に引き出すことができませんでした。これにより記者からの印象も随分変わってしまいます。(この時には、もちろんフォローいたしました。)

インタビューが終わった当日に、そのクライアント様の日本支社の代表者様からは、「なぜ御社が通訳を入れた方がいいと我々を説得しようとしていたかがわかった。私があとで補足したいことがたくさんあるくらい、トップの意図の50%も伝わっていない、かけ離れた回答になってしまった。トップの言葉そのままをむしろ伝えたかったのだが・・・。今回を好機に捉えて次回は必ず通訳を入れるようにします。」というありがたいお言葉をいただきました。

当社では、ベテランの通訳会社様がお取引先なので手配もできますし、ベストな形になるようにアレンジしております。ぜひ、外資系企業の代表者様を海外から招いて取材をメディアに取り付ける際に、少しでも自信がない場合はプロの通訳をつけるようにしてみてください。これは必要経費だと念じて、インタビューの成功をゴールにすることが最重要と位置付けてみてはいかがでしょうか。その経費を気にするより、アウトプットされた記事がそれを上回る効果(御社の営業活動や採用活動等のサポート)を考えれば、費用対効果の高い広報活動になるでしょう。

みなさま、あけましておめでとうございます。

いよいよ年が明けました。世に言う、平成最後の年明けです。

私は滅多に新年に誓いを立てないタイプなのですが、今年は珍しく節目ということもあり誓いを立ててみようかと思います。ジャーン!こちら!

さて、昨年末の全体締め会で、今年は週に2回はブログを書くということで社員のみなさまにお約束したので、この言葉を胸に刻んで今年は頑張ってみようと思います。

私は亥年生まれではないのですが、「猪突猛進」が似合うとよく言われるので「私の年が来た!」と思って精進したいと思います。みなさん、今年も良い年にしましょう!